貯金

おこづかいはいくらが妥当?~妻のおこづかい~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

456

妻であるみなさんは、自分のおこづかいはありますか?

専業主婦、兼業主婦に関わらず、おこづかいをもらちる人もいればもらっていない、という人もいるでしょう。どちらかと言うと、おこづかいは無い、という氷魚の方が多いようです。

お金が貯まらない、と思っている人は、妻もおこづかい制にするのがおすすめです。

スポンサーリンク

おこづかい制にしないことでお金が貯まりにくい理由は、二つのパターンがあります。

一つは、妻の必要なものを「生活費」から出しているために、現状を把握せず使い過ぎている、ということです。家計のやりくりをがんばっていると言っても、多くの人は食費の節約に集中しがちでその他の項目については雑な管理になっていることが多いです。

自分の化粧品、衣服、美容院、ランチなどすべて生活費から出していて、何にいくら使っているかも把握できていない、という状態ですね。これではなかなかお金は貯まりません。

もう一つは、自分が好きに使えるお金が無いことでストレスが溜まり、家計管理に対するモチベーションも下がってしまっているということです。特に専業主婦の場合は旦那さんのお給料で生活させてもらっている、という感覚が強く、遠慮してお金が使えない、という人が少なからずいます。

旦那さんが働いてくれていることに対しての感謝は必要ですが、委縮する必要はまったくありません。ストレスが溜まっていると家計管理も上手くいかないものです。

そこで、妻にもおこづかいは必要ではないでしょうか。妻のおこづかいをいくらにするかは、家計の中で判断するのが良いでしょう。家計にゆとりがなければおこづかいを捻出するのは難しいと思われるかもしれませんが、今まで生活費の中に混ざっていた分があると思うので、生活費を少し引き締めて、その分をおこづかいとして独立させると良いでしょう。

働いている人の場合は、お給料に応じておこづかいを決めても良いでしょう。

たとえば旦那さんのおこづかいを「手取りの1割」と決めているなら、自分のおこづかいも手取りの1割に設定すると不公平感がなくなると思います。

ご家庭にもよりますが、家事の負担割合も含めて決定するのも良いと思います。

金額に関しては、妻のおこづかいの平均としては15,000円程度、というデータをよく目にしますが、この中にはおこづかいが0円の日とも含まれているので、あまり参考にならないと思います。

よく、「旦那さんは昼食を牛丼で済ませているのに、主婦はママ友とレストランでランチしている」というようなことも言われますよね。これは実際にあり得ることで、自分のおこづかいをはっきり決めていない人にありがちです。

せっかく食費や旦那さんのおこづかいを切り詰めていても、それ以外のところで浪費していれば意味がありません。お付き合いも大事かもしれませんが、家計に見合った範囲でお金を使うようにしましょう。

妻のおこづかいを決める時には、どの範囲までをおこづかいに含むか、ということも重要です。

旦那さんのおこづかいにしても、飲み会の分も含めるのか、昼食代は含むのか、といったことを決めておく必要があります。同様に妻のおこづかいでも、化粧品や美容院代、洋服代など、どこまでを含むのか、ということを決めておきましょう。

その際には旦那さんのおこづかいの基準と同じにしておくと公平感があります。

旦那さんにまとまったお金をおこづかいとして渡し、その中ですべてやりくりしてもらうのであれば、妻の方もすべておこづかいでやりくりできるような金額を設定するようにしましょう。

旦那さんのおこづかいを趣味やタバコ、プライベートの飲み会など純粋に「おこづかい」として位置付けるなら、妻のおこづかいも純粋に自分が好きなものに使うようにし、必要なものに関しては家計から出すと良いでしょう。その際にはどこまでが必要経費か、ということを迷ってしまいますが、それについてはその都度検討することにしましょう。

たとえば化粧品。メイクも身だしなみの一つですから必要経費とみなしても良いと思いますが、「ドラッグストアで買えるものは生活費から、百貨店で買うブランド物の化粧品はおこづかいから」というように決めておいても良いでしょう。

美容院に関しても、最低限のカットやカラーについては必要経費としても良いと思いますが、良いトリートメントやヘッドスパなどの差額はおこづかいから出すようにします。

妻のおこづかいを設定したら、生活費から自分のものを買うのはやめましょう。食材を買うついでに自分のお菓子を買う、なんていうこともあると思いますが、チリも積もれば山になります。本当に「たまに」なら良いと思いますが、ほぼ毎回、ということでしたらそれはおこづかいから精算するようにしましょうね。

妻のおこづかいをはっきりさせておくと、それ以上にムダ遣いすることはなくなります。また、今まで気を遣ってお金を使えなかった人でも、自分のお金として使えるお金ができることによって生活にメリハリがつくと思います。

そうすれば家計の管理にも積極的に取り組めるようになりますよね。家計をきちんと管理して必要なお金を貯めるには、妻のおこづかいをはっきりと決める、というのもおすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事