掃除

意外と知らない!畳の掃除の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは、どのように畳の掃除をしていますか?

最近は畳の部屋が減ってきていて、家に和室があったとしても持て余している……という人も少なくないようです。たしかに、和室だとオシャレなカンジにはなりませんし、ベッドも置けないし、IKEAの家具もいまいち似合いません。
場合によっては和室はすっかり物置部屋になっていて、掃除もまともにしていない、なんていう人もいます。

そこで、和室を活用するために、まずは畳の掃除方法をおさらいしてみませんか?

スポンサーリンク

畳の掃除方法

「畳は手入れが面倒」と思っている人もいますが、実はそんなことありません。
日本人が長年にわたって愛用してきた素材ですから、実はそんなに手入れに手間はかからないんですよ。

水拭き厳禁

まず、畳は水拭きはダメです。
畳にはコーティングがされていて、水に濡らすとそのコーティングがはがれてしまうのです。
年に1~2回程度であれば水拭きしても良いですが、基本的に水拭きは避けるようにしましょう。

日々の掃除は掃除機で

毎日の掃除は、掃除機が一番です。
昔はホウキで掃いていたわけですが、奥に詰まった汚れまで取りきったりダニを防止したりするには、掃除機の方が勝っているようです。

掃除機のかけかたにはポイントがあります。
それは畳の目に沿って掃除機をかけるということです。
畳の目に沿ってかけた方が汚れが取れやすく、また畳自体を傷めにくいので、このようにしてみてくださいね。

さらに、掃除機をかけるときにはゆっくりゆっくり掃除します。
勢いよくあけてもほとんど汚れは取れませんので、奥に入った汚れまですべて吸いきるつもりでゆっくり掃除機をかけましょう。

昔ながらの方法でも

ホウキで掃くという方法も、風情があります。
ホウキを使う場合、あれば茶殻を使ってみましょう。

お茶を淹れたあと、その茶殻を少し乾かしておきます。
「少し湿ってるな」という程度の状態になれば、それを畳の上に撒きましょう。そして、普通にホウキで掃除します。すると、茶殻にホコリやチリがくっついて、畳がキレイになりますよ。

水拭きする場合

大掃除のときなど、畳を水拭きする場合は、お湯を使いましょう。
少し熱いと感じるぐらいのお湯にしてください。ゴム手袋をはめておけば、けっこう熱いお湯でも触れますよね。

畳は水に弱いので、いつまでも濡れたままにしておくわけにはいきません。お湯だと早くに蒸発しますし、お湯の方が汚れも取れやすいですよ。
また、畳を拭くときには雑巾は固く絞るようにしましょう。しっかり絞れていない雑巾を使うと、畳が奥の方まで濡れてしまってカビの原因にもなります。

畳を干そう

みなさんは、畳を干していますか?
昔の大掃除の光景と言えば畳を干しているところもよく見たものですが、今はあまりみかけません。干していない人が多いのでしょうか?

畳は、床に敷き詰められているだけのものです。つまり、自分で簡単にはがすことができます。これが、フローリングなど他の湯かと違うところですね。

畳を干すときには、先端のとがったものを使って畳の境目に差し込み、そこからぐっと持ち上げてはがします。
そして、畳表を直射日光に当てないように裏側を上に向けて、壁に立てかけるなどして干します。
庭があればすべて干せると思いますが、ベランダが狭くて一気に干せない場合は、2枚ずつなど毎日少しずつ干していくのも良いでしょう。

布団干しと同じで、乾燥した日の昼間4~5時間程度干せば完了です。
畳を干すときには、どこにどの畳があったのか分かるように印をつけておくと良いですよ。

畳をキレイにしていれば気分もいい

畳は、湿気を吸うものなのでお手入れができていないとじめっとして気持ち悪くなりますよね。
普段まともに掃除をしていないと、すぐに畳が傷んでしまいますので、きちんと掃除をするようにしましょう。

また、水拭きするなど間違ったお手入れをしていると畳の寿命が縮んでしまうので、基本は掃除機や乾拭きで、正しい方法でお掃除してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事