恋愛・結婚

飲みに行く時のルール、他の夫婦はどうしてる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫婦で居ても帰りが遅いと、心配になりますよね。

特に夫の場合、付き合いで飲みに行くことも多いので妻よりも飲みに行く機会が頻繁になりがちです。

独身のうちは自由に飲みに行っても構わないのですが、結婚した以上は「何時ごろ帰る」という連絡は最低限欲しいものです。

できれば、深夜を過ぎてまで飲みにいくことは控えてほしいですよね。

では、世間一般の夫婦はどのようにルールを決めているのでしょうか?

スポンサーリンク

飲みに行くときには必ず連絡してから行く

飲みに行くときには、必ず連絡してから行くと言うのは必ずしてほしいことです。

これは、夫婦の中で最低限のルールとして取り入れるべきですね。

電話でなくてもメール良いので、「今日は仕事のあと飲みに行く」と一言知らせておけば帰宅時間が多少遅くなってもお互いさほど心配にならないでしょう。

しかし何も言わず飲みにいった場合、事故や何かトラブルがあったのかと思い心配になりますよね。

普段仕事終わる時間帯は、お互い把握しておくと良いですね。

「誰と」「どこで」飲むのかは知らせるべきなのか?

飲みに行くという連絡だけでなく、「誰と飲みに行くのか?」「どこで飲むのか?」の連絡まで欲しいと言うのは大半の人が思って事ではないでしょうか。

できれば誰とまでは言わなくても、だいたいのエリアぐらいは連絡した方が相手を心配させずに済みます。

例えば、遠いところなら「タクシー代がもったいないから終電で帰ってくるだろう」とか、近いところなら「タクシーで帰って来られるからきっと遅くまで飲んでいるだろうな」なんて予測ができるものです。

このようにどのあたりで飲んでいるのかを伝える事で、問いたださなくてもだいたいの帰宅時間が予測できます。

それに仕事での飲み会と、友だちとの飲み会では待っている人の気持ちも違います。

仕事の付き合いなら「仕方ないな」と思えますし、友だちとの飲み会なら「じゃあ私も今度友達と飲みに行きたい」と思う人もいるでしょう。

帰りは迎えに行った方がいいの?

タクシー代もバカになりませんから、迎えに行った方が安上がりだからと思い迎えに行くケースが多いのではないでしょうか。

結論から言えば、終電が無い場合はタクシーで帰ってきてもらう方が良いです。

ただし、迎えに行く本人が納得しているのであれば迎えに行って上げましょう。

なぜなら、「迎えに来て」と言われて迎えに行ったのに「なかなか店から出てこない」といったケースは多々あります。

それが元でケンカになることは目に見えています。

それに、妻の方が迎えに行くとなれば準備するのも大変です。

人に会うかもしれないと思うとすっぴんやパジャマ姿で行くわけにもいきませんし、子供がいたら子供を自宅に置いて迎えに行くのも心配です。

なので基本、迎えに行くというのはあまりおすすめできません。

新婚さんは起きて待っているべきなの?

せっかく結婚したのに、帰ってきたら家の中が真っ暗でエアコンもついていない……。

というのはちょっと悲しいものです。

ですが、気にせずに自分のペースで寝て待っていましょう。

飲んで帰ってきたとき起きて待っていてくれたらうれしいのでは思いますが、これは現実的ではありません。

相手を待っている時間って、結構ストレスが溜まっている状態なので帰宅後すぐにケンカが始まってしまうケースも多いです。

それに飲みに行く方も「気を遣うから寝ていてほしい」と考えている人もいます。

ですから、基本的には気にせずに自分のペースで待っている方が一番ストレスなくいられますよ。

まとめ

待っている方としては、「配偶者がどこに行っているのか」「誰と飲んでいるのか」「やましいことはしていないのか」といろいろ気になることはあるかもしれません。

しかし、管理しすぎはよくありません。

細かいところまで管理しようとすると飲みに行く方も楽しめませんし、ストレスが溜まってかえって飲みに行く回数が増えてしまう、なんていうケースもあります。

あまりに頻度が高いとか、帰宅時間が遅いというときは問いただしても良いと思いますが、それ以外は相手を信頼して放っておくことも大切かもしれません。

中にはGPSを使って居場所を確認しようとする人もいますが、やりすぎると配偶者の心が自分から離れてしまいますから、ほどほどにしておきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事