恋愛・結婚

夫の帰りが遅いとき、寝ててもいい?起きて待つべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夫の帰りが遅いときでも、妻は起きて待っているべき」と考えている人はどれぐらいいるのでしょうか?

そのように考えている人は減ってきているとは思いますが、それでもやっぱり「起きて待っていた方がいいんじゃないの?」と考えている人は多いと思います。

理想を言えば、夫の帰りが遅くなってもずっと起きていて「あなた、お帰りなさい♪」と出迎えたいものです。

もっと言えば、パジャマにすっぴんではなく控えめにメイクして、出迎えたいかもしれません。

でも、現実はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

寝ていたい理由

日中の育児や家事でへとへと

特に小さい子供がいる家庭では、育児と家事でへとへとです。夜中まで起きて待っていろというのは、少し酷な話ですよね。

起きて待っていようと思っても、子供を寝かしつけるときに一緒に寝てしまうという人も多いでしょう。

共稼ぎで夜更かしできない

共働きの場合、朝が早いのでいつまでも帰りを待っていられません。

なぜなら、夜更かしすることで翌日の仕事に影響する場合があるからです。

よって、起きて待っていることは難しいでしょう。

現実「妻が寝ていても気にしない」という夫が多い

現実、「妻が先に寝ていても気にしない」という夫の意見はかなり多いです。

それどころか、「起きて待っていられると気を遣うから、さっさと寝ておいてほしい」という夫もいます。

つまり、起きて待っていなくても妻が思う程問題は無いと言えるでしょう。

無理なく起きて待っているコツ

やはり中には、妻が起きて待っていてくれたら嬉しいと思う夫がいるのも事実です。

別に寝てくれてかまわないけど、でも起きてくれていたら尚嬉しいということですね。

可能であれば、1度起きて待っていてあげてはどうでしょうか。ここでは無理なく、夫を待つ工夫をいろいろ紹介します。

仮眠をとっておく

夫の帰りが0時ごろだとしたら、21時ころから1時間半ほど仮眠をとると比較的無理なく起きて待っていられます。

なぜ1時間半の仮眠かと言うと、睡眠のサイクルは90分単位だからです。

仮眠をとったら、軽く寝癖を直しそれから晩御飯の支度や片づけ・掃除などやるべき家事をこなし過ごせます。

家事を夜に回す

夫の帰りが遅い日は、日中にやっている家事を夜に回すと比較的夜中まで起きていられます。

昼間は、好きなことをやったり子供と一緒に昼寝をしたりしてのんびり過ごしておくと夜遅くまで起きていられる体力が残ります。

このやり方は、専業主婦の人のおすすめです。

趣味や自分磨きをする

「夫を待つ」と思うとなんだか辛く感じますが、待つ時間を趣味や自分磨きの時間にすると辛くありません。

雑誌を読んだりネイルをしたり、自分がやりたいことをしている時間というのはあっという間に時間が経ちます。

夫を待っていると言う感覚でなくなるので、帰ってきたときも明るい笑顔で迎えられるのではないでしょうか。

先に寝てしまう時はちょっとした一工夫で夫婦円満

なかなか起きて待つのが難しいものです。

そういった時は、先に寝る前にちょっとした置手紙をしておくと夫婦関係が良くなります。

「おかずはチンして食べてね」ぐらいのメモでも良いのです。

「お疲れ様でした」とねぎらう言葉を書いておいたり、もしくはお子さんに手紙を書かせたりするというのも良いでしょう。

他には、浴室前に夫のパジャマと下着をセットしておいたり、晩酌をする夫ならいつもより豪華なおつまみを準備しておいたりするのもおすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事