掃除

洗濯機に入らない洗濯物をお風呂で洗う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

95

洗濯機に入らない洗濯物ってありますよね。

例えば、毛布やラグなどがあげられます。

大容量の洗濯機ならたいていのものは洗えると思いますが、少人数の家族の場合は洗濯機が小さい家庭も多いですよね。

また、新婚の夫婦なら一人暮らしの時に使っていた洗濯機をそのまま使っているという場合もあると思います。

では、洗濯機に入らない大物はクリーニングに出すしかないのでしょうか?そんなことはありません。

自宅のお風呂で洗えます。

最近は、毛布やラグなど安くで手に入るため、汚れてきたら買い替える家庭が多くなりました。

わざわざ洗濯してまでも使わないんですね。

でも、洗えばまた綺麗になって十分使えるのですからお風呂で洗って長く使ってみてはいかがでしょうか。

ここでは、毛布やラグなどの大物を自宅で洗濯する方法を紹介します。

スポンサーリンク

洗濯機に入らない洗濯物を洗う方法

洗濯機に入らない大物(毛布やラグ)は、お風呂で洗濯します。

かろうじて洗濯機に入るものでも、きちんと洗えない可能性があるので洗濯機は使わないようにしましょう。

1.浴槽にお湯を張る

最初に、浴槽にお湯を張ります。

お湯の温度は42度ぐらいが丁度良いです。

なぜ水じゃなくてお湯なのかというと、お湯の方が汚れが落ちやすいからですね。

いつも入浴する時の、湯温で良いかと思います。

お湯の量は、洗濯物がかぶるぐらいの量を貯めましょう。

ただし、洗濯物はまだ入れないでください。

お湯だけをさきに張ってくださいね。

2.張ったお湯に洗剤を入れる

張ったお湯の中に、洗濯洗剤を入れます。

洗剤の量は、キャップ1杯程度で十分です。

洗剤を入れたら、しっかりお湯と混ぜ合わせてください。

泡立つぐらいまで、ダイナミックにかきまぜましょう。

洗剤を多く入れすぎると、すすぎが綺麗に出来ないためほどほどの量にしてくださいね。

すすぎが、甘いと洗剤が残ってしまいカビの原因にもなるので注意しましょう。

3.洗濯物を入れる

洗剤がしっかりと泡立ったら、洗濯物を入れます。

洗濯物を入れたら、浴槽の中に入り足で踏みつけます。

ダイエットのつもりで、しっかり足踏みしてください。

お湯の中なのでかなり足踏みしにくいですが、良い運動になりますよ。

まんべんなく足踏みしたら、途中上下をひっくり返し全体的に洗います。

時間としては、5分程度足踏みを頑張っていただきたいところです。

もちろん小休憩をはさみながらで良いので、しっかり足踏みしてくださいね。

4.脱水とすすぎをする

全体的に洗い終えたら、お風呂のお湯を捨て脱水します。

この時、洗濯物を端に寄せて排水をするとしやすいです。

洗濯物をぎゅっぎゅっと足で踏んで、できるだけ絞り脱水をします。

次は、すすぎをします。

洗濯物を入れたままの状態で、再度お湯を張りすすぎをします。

再び洗いの時と同じように、足踏みをします。

しっかり洗剤を落とすため、脱水とすすぎを2回繰り返します。

2度目のすすぎの時に、柔軟剤を入れます。

最後にもう1度しっかり脱水をして、洗濯完了です。

大きな洗濯物を干す方法

毛布洗濯の場合、脱水をしてもまだかなり水分を含んでいます。

足だけでなく、手で絞ったりもして、できる限り脱水をしてから干します。

特に、毛足の長いラグはしっかり脱水してから干してくださいね。

干す時には、水滴がベランダ内に落ちるように洗濯竿に干しましょう。

また、ずっと同じ干し方だと乾きが遅いので、2~3時間おきに裏表を逆にしたり、角度を変えたりすると比較的早く乾きます。

毛布なんかは、角を下にし斜めに干しておくと水分が抜けやすいです。

しっかり乾かさないとカビの原因にもなりますから、完全に乾燥したと思えるまで干しておいてくださいね。

マンションやアパート住まいの人は、ベランダの柵に干さないよう注意してくださいね。

柵に干してしまうと、洗濯物の水滴がポタポタ下の階に落ちてご近所トラブルにもなり兼ねません。

掛け布団や敷布団は自宅で洗濯できるの?

掛け布団や敷布団の場合、基本的に自宅では洗濯できません。/span>

万が一自宅で洗濯をしたとしても、綿が傷んで偏ってしまい布団をダメにしてしまいます。

掛け布団や敷布団を洗濯したい場合は、クリーニングに出す方が無難です。

しかし、最近では自宅の洗濯機で洗濯可能な布団も売られているので洗濯できるものかどうかは、表示をみて判断してくださいね。

カラッと晴れた日は洗濯日和

カラッと晴れた日は、気持ちが良いですよね。

そんな日には、ぜひ毛布や布団の洗濯をしましょう。

朝から洗濯をはじめれば、夕方にはしっかり乾きます。

でも、気温の低い日や曇の日は思うように乾かない可能性が高いので、無理に洗濯せずにまたの機会を待ってくださいね。

大きいものも自宅で洗濯するとクリーニング代が浮きますし、自分で洗濯することで愛着もわきやすいです。

晴れた日には、ぜひ大きいものの洗濯に挑戦してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事