片付け

本当に効果はあるのか?こんまり流の片づけを実践!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

185

突然ですが、家はいつも片づいていますか?

「物が多いわりに、家が狭いから片づかない」そう思っていませんか?

筆者もそう思っていましたが、この度「こんまり流の片づけ祭り」を敢行し幸い成功したので、みなさんの参考になればうれしいです。

この片づけ法に関して調べてみると、実践している人のブログは結構見つかるのですがレポートとしてまとまっている物って何一つないんですよね。

「ブロガーさんの記事を読んでも、あまり参考にならない」と言うか。

なので、私が分かりやすくまとめてみたので早速ご覧くださいませ。

スポンサーリンク

こんまり流「片づけ祭り」とは?

こんまり「流片づけ祭り」とは、最近流行している近藤麻理恵さん(通称こんまり)による「人生がときめく片づけの魔法」で紹介されている片づけ方です。

この本は、大ベストセラーになっていますよね。

「でも、それって本当に効果あるの?」そう思っている人も多いと思います。

また、実際に本を読んでみたものの、「うまく行かない!」という人もいるようですね。

こんまり流「片づけ祭り」のやり方

基本的なやり方としては、「自分がときめく物だけを残してあとは捨てる」と言ったやり方です。

なので、残った物はかなり量が減っているので楽に収納できてしかも二度と散らからない片づけができるといった感じです。

そして、「片づける時には一気にやるのが鉄則」なんですが半年間ほどかけて片づけてもOKです。

そして、その片づけを「祭り」だと思うことも重要なんですよ。

まずは準備!

準備する物は、ゴミ袋です。

「人生がときめく片づけの魔法」の本には、「どんな人でもゴミ袋30袋は出る」と書かれていました。

しかも、45リットル。すごい量ですね……。

筆者は、普段20リットルのゴミ袋を使っているので40袋分用意しました。

もともと物を溜めこむタイプではなく、小学生の男の子と二人で暮らすシングルマザーですのでこれくらいが適量かと。

1DKのマンションなので、さすがに45リットルのゴミ袋30袋も捨てたら家の物が無くなっちゃうのかも……笑

1.衣類・バック・靴・小物の処分

最初手を付けるのは、衣類・バック・靴・小物の処分からです。

筆者の場合、自分の衣類やバッグなど全て床に広げました。

服はわりと少ない方なのですが、4畳くらいのスペースが埋まるほどの服の山が出来上がりました。

衣類の整理をしていて気付いたのは、「ときめく服」の少なさ!

筆者がシングルマザーだから生活が苦しいと思われているのか、よく母や親戚が服を買ってくれます。

でも、それは買ってくれるから欲しいけど、「自腹を切ってまで欲しい!」という服はほとんどありません。

ときめく物だけを残すと、本当に着る服が全然無くなるのでとりあえず実用的な服だけは残しました。

それでも、20リットルのゴミ袋で4袋出ました。

そして驚いたのは、ハンガーの多さです。

二人暮らしに対してハンガーが多すぎるので、50本ほど処分しました。

また、ここ数年着ていなかった浴衣を処分したのも大きかったです。

数千円で買った安っぽい浴衣は、ちっともときめきません。

もう10年以上使っているお気に入りの帯だけ残してあとは処分。

また、ちゃんとした呉服屋さんで自分が気に入る浴衣を買おうと思います。

デザインが若すぎて、しかも安っぽいドレスも捨てました。

パーティードレスはとりあえず1着あれば良いという結論に。

それから物をなくすことで気付いたのが、「必要な服を持っていない」ということ。

まず、フォーマルスーツを持っていません。

お葬式に行くようなことはほとんどないのでいつも普通のスーツで済ませていましたが、そろそろちゃんとした物を買った方が良いですね。

アラサーなので。

また、レストランに着ていけるようなキレイな服がほとんどないことも気付きました。

お出かけ用として着られるのはスカート1着とフリル付きブラウス1着のみ。

最近はランチならいろいろレストランに行ったりすることも増えたので、きちんとしたところに着ていけるワンピースを買おうと思いました。

バッグについては、雑誌の付録なんかのとりあえず取って置いた物は処分しました。

ただ、お気に入りで「そんなに要らないな」と思うバッグは、もしかしたら収納に使えるかもしれないのでとりあえず保留。

使いみちがなければ処分。

靴はもともと最低限しか持たないので、処分する物はありませんでした。

2.本類の処分

本も普段から結構こまめに整理しているのでそう多くはないつもりですが、今回は「ときめく物」という基準が加わったことによって、かなり沢山手放しました。

500冊程度所有していたのが、半分ほどになりました。

処分した本は、

  • 通信大学の合格済み科目のテキスト
  • もうときめきを感じない自己啓発本、ハウツー本
  • よく考えたらときめかない漫画

などです。

本当はもっと減らせるのですが、仕事用の資料として取って置きたい物もあるのでこれくらいが限界でした。

処分した本(150冊)をブックオフに持っていたところ、約3,000円で買取して貰えました。

あと、48巻まで集めた「ガラスの仮面」は、ヤフオクで3,700円の儲けになりました。

それでも漫画はまだ70冊程度はありますが、ときめく物ばかりなので満足です。

3.書類の整理

書類を整理ししたところ、ゴミ袋2つ分要らない物がありました。

筆者は、書類整理が好きなので普段からキレイに整頓はしていましたが、こんまりさんの本に従ってほぼ「全捨て」を決意しました。

書類用収納ケース2つ分(浅い引き出しの物で、高さ60センチ程度)の書類と、さらに別のところに保管していた取説や保証書類などはクリアファイルに必要な物だけ残しました。

すると、幅5センチの本棚に全て納まるようになりました。

古い給料明細や「保存版」を書かれた大阪ガスの冊子なども捨てました。

残して置いても使わないですよね。

そして、当然書類収納用のケースも不要になったので処分できました。

4.CD・DVDの処分

筆者の場合、CDやDVDはあまり持っていないので好きな物ばかりのつもりでした。

しかし、よく見ると全然聞いてないCDやDVDが沢山ありました。

安室ちゃんとaikoちゃんのアルバムで、お気に入りの物だけ残してあとは手放すことにしました。

カラーボックス1段分あったCD・DVDが、半分に減りました。

5.コスメの処分

こんまりさんの本では、スキンケア用品とメイク用品に分けていましたが、筆者はもともと持っている量が少ない上に全てメイクボックスにまとめて入れていたので一気に整理ができました。

もともと少ないとは言え、それでも要らない物も出てきました。

手放したコスメは、滅多に使わないアイシャドウ系を処分しました。

友達の結婚式とか特別な時にしか使わないような物は、全てサヨナラ。

結婚式やパーティーがあった時は、美容院でヘアメイクして貰うことに決めました。

使いもしない化粧品に何万円も使うなら、ヘアメイク代を払った方が安いですよね。

不要な物を処分したら、100均のカゴ一つに納まったのでメイクボックスも不要になりました。

6.通帳やカード類の整理

筆者は、使用済みの通帳は捨てました。

それから、印鑑マットやスペアの朱肉も処分。

以前金融機関で働いていた時に購入した物ですが、よく考えたら印鑑マットって使ってないんですよね、面倒くさくて。

ならなくても良いかと。朱肉も2つあったので一つは処分です。

カード類の整理もしました。

キャッシュカードやポイントカードなど全て名刺ファイルに入れて管理していたのですが、通っていない病院の診察券も処分しさらに厳選してかなり少なくしました。

電化製品・機械コードの処分

こんまりさんの本には「謎のコードは永遠に謎のまま」ということが書かれていて笑って読んでいたのですが、なんと我が家にも謎のコードが結構ありました。

用途が謎のコードや同じUSBケーブルのコードなども処分。

ケーブルって商品ごとについてきますけど、規格が同じ物なら使いまわせますよね。

だから、使いまわしが聞く物は厳選して必要な物だけ残しました。

それから、空気清浄器も処分しました。

空気清浄器と言っても、丸っこい形で、アロマソリューションを入れるやつです。

ぐるぐる中でまわってるやつ。

いまいち効果を感じないし、職場を退職する時にもらった物ですが良い思い出すらない物だったので処分です。

すっきりしました。

文房具・裁縫道具・工具の処分

まずは、文房具。

文房具も好きなので、結構お気に入りの物が沢山あります。

でも、机の引き出しや棚の引き出しなどあちこちバラバラに収納されていたので全体量を把握できていません。

品質が劣化している文房具は処分し、あとはまとめて収納することに。

机の引き出し内に、全て納まりました。

びっくりしたのは、封筒とクリアファイルの多さです。

封筒は仕事で使うこともあるのですが、開封済みの物がいくつかあったのでサイズごとにまとめました。

クリアファイルの量は、軽く100はあったと思います。

古い物や汚い物、ノベルティでもらえるような中が見づらいファイルは処分。

ファイルや封筒、ストックのノート類は立てて収納したかったので、ファイル用ボックスにまとめて保管しています。

裁縫道具は、古い布を処分しました。

子どもが乳幼児の時に買った可愛らしい布も、もう使うことはないので処分。

工具類も整理しました。

処分するような工具はないのですが、「謎のネジ類」は処分しました。

それから、カーテンレールなんかもあったので処分。

こうしたこまごました物が、かなり場所を取っていたようですね。

必要最低限の工具類だけにしたら、引き出しを仕切らなくても問題ないくらいの量まで減りました。

ストック商品の見直しと整理

筆者は、生活用品はストックをしないタイプなのですが、お得に売られている食器用スポンジや粉せっけんはまとめ買いしていました。

近所のドラッグストアでも愛用の物が売っていたので、今後は都度買うことにしました。

あと雑巾として使用していたタオルが沢山あったので、2枚だけ残しあとは処分しました。

これらの収納場所を見直して、あちこちに分散していた物を整理しまとめて置くようにしました。

食器・冷蔵庫の中を整理

食器関係は、必要以上にあったマグカップとカトラリー類を大量に処分しました。

冷蔵庫内の整理をしていたところ、冷凍庫に保冷剤が30個ぐらい入っていました。

あると便利なので、とりあえず冷凍庫に放り込むというのが習慣になっていたんですね。

おぞましい量があったので、大きい物一つ、中くらい一つ、あとはゴディバとかのブランド物の保冷剤をいくつか残してあとは処分しました。

思い出の品を処分

1番処分するのに難しいのが「思い出の品」です。

まずは、手紙ですが今までにも少しずつ処分していたものの、この機会にほぼ処分しました。

大好きな先生からもらった小学生の頃の手紙1通と、大好きな先輩からのハガキ1枚、高校の卒業時に部活の後輩からもらった寄せ書きの色紙1枚だけ残してあとは処分。

あと、子どもが保育園の時のお泊り保育でもらった「報告書」は残してあります。

次に、写真の整理。

写真は、子どもが生まれた時からの写真が5冊入りの箱入りのアルバム4つ半あります。

それから私の子どもの頃からのが別途5冊程度。

子どもの物はデジカメで撮った物を厳選してプリントしていましたが、さらに厳選できると思いました。

もちろん自分の写真も。

結果的に、子どもの写真は半分以下に、私の物は分厚めのアルバム1冊にまとまりました。

最後に、着物の処分です。

祖母が亡くなった時に、親戚みんなで分けた着物があります。

我が家は貧乏のはずなのに、おばあちゃんが持っていた着物の多さはハンパなかったです。

衣装ケース一つ分の着物や帯があったのですが、かなり古く傷みもはげしかったので結局着ることはないだろうと言うことで不要な物は処分しました。

結果的に、黒留袖と、帯3つ、それから柄が可愛くて気に入っている羽織2つだけ残しました。

着物は買取をお願いしましたが、状態が悪いと言うことで値段がつきませんでした。

その代わりに、古いジュエリーを2千円で買取って貰いました。

どれだけ処分できたのか?

最終的に、20リットルのゴミ袋は18袋処分できました。

大型ごみには、衣装ケース一つと、机、いすがあります。

今回処分した机といすについては、数か月前に買い替えたのに面倒くさくて処分していなかった物です。

リサイクルショップに頼もうと思ったのですが、これだけでは出張買取はしてくれないそうであきらめました。

処分した物の中には、買取して貰った物も随分ありました。

これだけ片づけるのにかかった日数は、実質3日です。

意外とあっという間に片づきましたよ。

結局、家の中は片づいたのか?

結果的に、家の中はかなりすっきりしました。

物が減ると、それだけで収納は楽になります。

多少考えながら収納しましたが、物が少なければ「入りきらない」ということがないのでスムーズに収納できるようになります。

今回は収納グッズも結構手放しましたが、不要な物がなければ収納グッズも要らないということが分かりました。

ただ、収納グッズ自体にときめいてしまった場合は「なんとしてでも活用しましょう」とのことだったので、お気に入りの小さなバッグや幼稚園の頃から使っているバスケットなどは残しました。

机の脚元にずらっと並んでいた本も全て書棚に納まったので足元が広くなりましたね。

かなりすっきりできて大満足です。

ただ、今回は子どもの物にはほとんど手を付けていません。

子どもの物は、また子どもと相談しながら一緒に片づけようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事