掃除

汚れやすい浴室……「キレイなお風呂」を維持するための掃除テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

164

浴室、キッチン、トイレなどの水周りは、カビが生えたり水垢が付いたりしやすいすい場所です。

浴室の場合は、大量にお湯を使うので湿気が溜まりやすく汚れも溜まりやすくなっています。

みなさんの家のお風呂はいかがでしょうか?

浴槽の赤カビ、ゴムパッキンの黒カビ、全体に水垢が付いていてくすんだ色になっている壁など。

そんな状況に、なっていませんか?

浴室の掃除は、毎日掃除するのも大変です。

そこで、ここではキレイな浴室を維持できる掃除のテクニックを紹介しましょう。

スポンサーリンク

入浴後はシャワーで浴室全体を流す

浴室の汚れの正体は、石鹸カスや身体から出た垢などです。

石鹸カスや身体から出た垢は、すぐに床や壁にこびり付いてしまう物ではありません。

汚れがこびり付く前に、しっかりシャワーで洗い流すだけでも付着を防ぐことが出来ます。

なので、入浴後浴室を出る前に、徹底的にシャワーであちこち洗い流しましょう。

シャンプーの泡などは、結構壁の高いところにまで飛び散っていたりしますので、それも逃さないようにしっかり流してくださいね。

これだけでも、浴室の汚れは溜まりにくくなりますよ。

浴室の水分を拭きとる

シャワーで洗い流した後、浴室が濡れたままの状態だとカビやヌメリの原因になります。

あのヌメリ、いつの間にか付いてるので本当に気持ち悪いですよね。

ヌメリは、水分がなければ解決できる問題です。

洗剤を付けてする掃除は毎日しなくても良いので、水切りだけは毎日おこないましょう。

水分の拭きとりにタオルでも良いですが、おすすめはスクイジーです。

窓ガラスの掃除をする時、仕上げに使うワイパーのような形の物です。

100均でも売っていますし、ホームセンターにも売っています。

お風呂から出る時スクイジーで水を切ってから出ると、それだけでカビが生えるのを防ぐことが出来ます。

スクイジーで取りきれなかった水分は、タオルで拭きとるとより念入りにカビが生えるのを防げます。

スクイジーも使ってみると案外簡単です。

完全に水切りが出来なくても良いので、できるだけ頑張って取るようにしましょう。

また、浴室全体の水切りが大変な場合は、カビが生えやすいところだけしておくと良いですよ。

使ったスクイジーは、浴室内に置くのではなく浴室の外に収納しておいてくださいね。

排水口の髪の毛を取っておこう

排水口に溜まった髪の毛も、毎日取り除きましょう。

髪の毛が溜まるとカビや臭いだけでなく、排水口が詰まる原因にもなります。

毎日やる方が、量の髪の毛を取り除くだけで済むので掃除も楽ですよ。

筆者は大量の髪の毛が排水口に絡んでいる状態を見るのがイヤなので、毎日取り除くようにしています。

浴室に物を置かない

浴室に物を置かない方が、掃除がしやすくカビの発生率を低く出来ます。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔フォーム、軽石、カミソリ、お風呂用洗剤、スポンジ、ブラシ、ボディ用タオルなど浴室に置いてある家庭は多いと思います。

これらの物は、全て浴室の外に置くようにすると良いです。

筆者の経験談よりアドバイス

筆者も一人暮らしを始めた時には、当然お風呂用のラックを買いそこへ何だかんだと入れて並べていました。

すると、なんということでしょう。

一人暮らしで大学生活とアルバイトで忙しかった私は、あっというまに浴室をカビの巣窟にしてしまいました。

これじゃ、彼氏も呼べない。

そこでなんとか掃除を頑張ってするようになったのですが、まぁなんと言うか物があると掃除が面倒くさい。

そこで「物を置かなければいいんだ」という結論に至りました。

現在筆者の家では、浴室の中には上記で上げたような物は一切がありません。

浴室前の棚に、全て置いてあります。

シャンプーなどの必要な物は、全てカゴに入れボディタオルは浴室前に干しています。

天気が良い日は、洗濯して外に干すことも多いです。

シャンプーなどは、入浴時に持って入れば良い物でなにも浴室に置いておく必要はありません。

その都度持ち込むようにしています。

さらに我が家では、風呂椅子や風呂釜のフタもありません。

理由は、掃除したくないからです。

これらがなくても、なにも困りません。

浴室に物がない状態の方が、かえってカビの温床になる箇所も減らせ掃除も楽になります。

ぜひ、出来る範囲で取り入れてみてはいかがでしょうか。

お風呂掃除はいつすればいいの?

洗剤を付けてしっかり風呂掃除をするのは、月に2~4回程度で良いです。

ただ、お風呂の汚れやすさは家庭によっても異なります。

一般的に、家族の人数が多いほど汚れやすくなるので、家族が多い場合は週に1回程度は掃除した方が良いです。

我が家は子どもと私の二人家族なので、月に2回程度でも問題ありません。

浴室の清掃方法

お風呂用洗剤を、浴室全体にスプレーしてスポンジで全体をこす洗いします。

この時、お風呂洗いの洗剤をシャンプーで代用して使用する人がいますが、洗い流す時泡切れが悪いので使用しないでくださいね。

流し方が甘いと洗剤の成分が残ってしまい、カビの原因になってしまうのでしっかり洗い流しましょう。

それから、排水溝の掃除もします。

排水溝にはパイプ用洗剤を流し混んで、規定時間通りに放置したのちに洗い流します。

ちなみに、「パイプユニッシュ」などのパイプ用洗剤がない場合トイレ用洗剤の「ドメスト」でも代用が出来ます。

我が家では、トイレ清掃にも使えるのでドメストを使っていますよ。

こうして浴室全体と排水溝の掃除が終わったら、最後にスクイジーで水気を切って、タオルで拭きあげたら完了です。

特に水垢が目立ちやすい金属部分を丁寧に磨き上げておくと見た目がかなり良くなりますよ。

ちなみに浴槽の掃除は、毎日行ってくださいね。

理想は毎日お風呂掃除をする

以上、ご紹介してきた方法を実践すれば、キレイな浴室を保つことが出来ます。

でも、これは忙しい人向けの方法です。

実際には目に見えない汚れは少しずつ溜まっていきますし、出来ることなら毎日掃除するのが理想です。

「毎日たった10分」の掃除を毎日していると、それが習慣になりできるようになるので頑張ってみましょう。

問題は、旦那さんが遅くに帰ってきてお風呂の水切りが出来ないということもあると思います。

その場合はむしろ、昼間のうちにお風呂掃除を毎日しても良いです。

お風呂は身体の汚れを落としてキレイにするための場所ですから、いつでもキレイな状態にしておきたいですよね。

月に数回頑張るだけでキレイな浴室を維持する方法、毎日掃除をする方法、どちらか自分に向いている方を選択して実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事