ビジネス・経済

チャイルドマインダーの資格取得しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

30代後半・女性で、夫・長男の3人家族です。

長い間、東京で事務系の会社員として勤めてきました。

何の資格を取得しましたか?

私が取得したのは、チャイルドマインダーの資格です。

スポンサーリンク

資格を取得しようと思った理由

数年前にアイドルグループの嵐のメンバーがチャイルドマインダーとして、芸能人のお子さんのお世話をしている様子を紹介したテレビ番組を観たことがきっかけで、この資格の存在を知りました。

会社員としてはそれなりにキャリアを積んでおり、自分の仕事に対しても満足していましたが、将来、夫の実家のある地方に引っ越す予定があること等を考慮して、年をとった時にも田舎でも続けられる仕事は何かないかと考えた時に、保育の仕事は良いのではないか?と考えました。

とはいえ、30歳を超えて、保育士や幼稚園教諭を目指すのは現実的では無いと感じ、民間資格のチャイルドマインダーを選びました。

どんな勉強方法でしたか?

資格取得を目指すために専門学校に通いました。

独学は最初から考えておらず、自宅から通学可能な学校に資料請求をした上で、ヒューマンアカデミーにて勉強を開始しました。

こちらの学校に決定した決め手は学校見学です。

オープンキャンパスのような催しが開催されており、実際に抗議してくださる予定の講師の先生や、卒業後に資格を生かして開業されている卒業生の方たちの有意義なお話を聞く事が出来、具体的な授業内容や、資格取得後のことをイメージしやすかったのが良かったです。

社会人でも通いやすい通学スケジュールだったのも決め手の一つでした。

勉強にかけた手間や費用

通学は半年強の期間でした。

毎回の受講後に授業で勉強した内容を復習したほかには、試験前の1ヶ月間は集中的に勉強をしました。

かかった費用は学校入学金・授業料など合わせて35万円強だったと思います。

資格を取得してよかったこと

資格を取得して良かったとまず思うのは、どこへ引っ越しても、何歳になっても、自宅での開業や、訪問保育を仕事として出来る可能性が出来たことです。

女性のライフスタイルは出産や育児などで、1つの仕事を自分の思うように続けることができなくなる可能性が高く、当時の仕事に対しても一生続けていける自信が無く、将来に対しての漠然とした不安を持って生活していました。

民間資格なので、幼稚園や保育園で働くには別の資格が必要になりますが、それらの場所にこだわらないのであれば、もっと自由なかたちで開業等が可能なのは、女性にとっては素晴らしい資格だと思っています。

卒業生の中には自分の得意分野とこの資格を合わせて、子ども向けの絵画教室や英会話教室等を開業されて居る方もおり、将来的に色々な可能性を秘めていると思います。

第2に良かったのは、仕事とは違う分野で久々に勉強らしい勉強が出来たことです。

大学卒業以降は仕事以外でまともに勉強する機会が無かったので、こちらの資格取得に向けて勉強した経験は、とても良い経験になりました。

久々に学びの楽しさを実感することが出来、また、学校で色々な生徒さんと出会うことが出来たのも良かったです。

合格率の高い資格ではありますが、資格試験に合格したことで、自信と達成感を得ることが出来ました。

何歳になっても勉強は楽しいものだと実感できましたし、今後も自分の生活を実りあるものにするために、興味の有る事を勉強し続けたいと思っています。

第3に良かったのは、こちらの講座で学んだ内容が、自分の育児にも非常に有益な内容だったことです。

子どもへの接し方など、いち母親としても有意義な学びの時間だったと思います。

自分のこれまでの育児や、親と自分の関係など、過去を見直し、よりより育児が出来るようになったと自負しています。

資格を取ったのに不満なこと

資格取得後、土日の空いた時間にフリーのチャイルドマインダーとしてお仕事をしていましたが、本業との両立が難しく、一旦活動を休止しています。

自分で開業もしくはフリーランスとして訪問育児等に本業で携わりたいと思ってはいますが、本業や自分自身の育児を考えると時期尚早かと思っています。

資格を取得したからといって、すぐに仕事に結びつくわけではないと思います。

また、チャイルドマインダーという存在自体の知名度がまだまだ低いので、一般の方から「どういうものですか?」と聞かれることも多く、本業としてやっていくには、まだまだ難しいところがあるかと思います。

いかに世の中にこの資格と職業を認知してもらえるかが鍵だと思っています。

これから資格取得しようと思っている方へのアドバイス

私が資格を取得した頃よりも、より多くの学校で学ぶことが出来るようになっているようですので、自分に合う学校を見つけるために、学校見学などを必ずされた方が良いかと思います。

短期で学ぶことの出来る学校もあるかと思いますが、子どもとじっくり向き合った保育を行なっていくためにはそれなりの勉強量が必要ですので、期間や費用よりは、講師の質やカリキュラムで判断されたほうが良いと思います。

また、授業に参加する際は、毎回その日のテーマについて疑問に思うこと、自分の意見をまとめたうえで授業に臨めば、非常に有意義な授業となると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

住まいの小箱の注目の記事


関連の記事